レーベルにこだわらずに。

「SEX AND THE CITY」を観てきましたーmovie




とりあえず。

キラッキラshineshineshineshine

出てくるブランドが、世界の最先端で

お洒落好きなヒト、必見ですね゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

ワタシ的には、音楽がのっりのりnotes(笑)で

なんつーか。

「歳とっても、カッコイイkissmark

ってゆーのが、一番の感想wink





内容は、ネタバレを控えたいので

あまり書かないでおこうとは思うんですけど。

あえて書くなら、

どんなに地位と名誉があっても、

みんな悩むことって、同じなんだなぁって。

すごく身近に感じられる映画。

女子は必見ですね!!






ワタシが今日の記事の題名にした

「レーベル」

という言葉。

日本では「ブランド」とも称される言葉ですboutique





年々、ワタシも大人になってきて

仕事でも、私生活でも、色んなカテゴライズをしているなって

思うときが、しばしば、あります。

女性なら、気になる言葉として

「既婚・独身」

「子持ち」

「フリー」

その他、諸々・・・・・。





別にみんな意識して生活してる訳ではないし

したいわけでも、ない。はず。





でも、世間ってヤツぁね(^^;

時期がどーの。

見てくれが、どーの。だの。

振り回されたくないんですよね。

でも、振り回されて縛られることのほうが、多い。





でも、そうじゃあ、ないんだ。

物語が進むにつれて、皆が気付いてゆくことは

結果、こんな言葉で締めくくられます。




「もう、レーベルにこだわるのは、やめよう。

だって、そのひと自身が、見えなくなるから。」




これが、凄く印象深い言葉でしたshine






結局。

向き合うのは、その人自身だもん。

世間の取ってつけた「装飾語」なんぞ

所詮、「世間が取ってつけてる」んですもん。

みんな、根っこはおんなじなんですよ。

カテゴライズしやすいがための、もの。






それは、批判するわけでもなく。

あって、しかるべき、だとも思います。

あることが、悪くない。






ただ。

ひとりのヒトと、深く深く向き合う時は

そういうの取っ払ったほうが

ラクだし、素直に見つめられる。





色つきのめがねは、要らないんだよねeyeglass





それに気付けたら、

あなたの世界は

きっと、もっと、素敵にキラキラ輝くshineshineshineshineshine




見終わって、そんな風に感じましたbleah

久しぶりに、終わってからも

すがすがしかった☆





オープンカフェから見上げた空も

いつもと、少し違って見えた、気がしましたheart04



公式サイトのせておきます。

SATC占いとかあるんで、やってみてねapple

http://sexandthecity-movie.gyao.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

陰日向に咲く。

こないだ、タダ券があるからと

映画をお誘い頂いて、観に行ってきました。

本がバカ売れした、劇団ひとりさんの

「陰日向に咲く」




原作を読んでいなかったので、はじめは何だかよくわからなかったんですが

短編のお話が綴られてるみたいです、原作は。

それをうまく、繋げて主人公の人生に結びついてくる感じ。

私的には、「拝啓、僕のアイドル様」だったかな?

幼いときに好意を持っていた女の子が、

売れているとは言えないがアイドルとして頑張る彼女を

ファンとして応援する男の子の話。

が、なんとなく個人的に好きでした。

ネタバレになるんで、これ以上は書きませんが

自分の中で、割り切る事の切なさとか寂しさとか

「ああ、これも恋の形なんかなぁ。」

ってしみじみ思ったんですよねconfident




あとは、宮崎あおいちゃんの役も

中々ツボでした。

可愛いcatface

篤姫も見てます(笑)。

肌が綺麗なのが、すごく羨ましいです(^^;





世の中って広いようで、実はいろんな所で、繋がってたりする。

しかも、すんごい、身近に。

その中にも、普段見落としがちな、人の優しさとか暖かさとか。

そういう感じを、んまく表現した映画だったと思います☆

また、観に行ってみて下さいwink




以前観た「それでもぼくは、やってない」が

TVでやってたので、見たんですけど

やはり、何度みても、えん罪事件について考えさせられますね・・・・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (3)

レミーのおいしいレストラン。

久々に映画を観て参りましたー☆

ピクサーの作品、好きです(^^)

今回は

「レミーのおいしいレストラン」

です☆




私の映画で一番ハマるトコロ。

それは「お料理のシーン」。

何故か惹かれるのです(笑)。

宮崎アニメでも、魔女宅やトトロ、ラピュタ等

ご飯を作るシーンが、何故か、好き(^^:




レストランと、題名につくだけあって

料理ばかりなんですけど。

またユーモアで、二人三脚的な感じ。

雇われ新人リングイニは、レミーのあやつり人形になってしまうかのような。

ネズミのレミーの料理感覚の良さで、失敗のスープが

素晴らしく美味しいスープになったことから始まり、

お互いの利害一致で、途中までは上手くいくんですが

やはりどこかお互いがズレだしてしまうと、

お互いが信じられなくなる。

これって、本当にどこでも起こりうることですよね。

上手くいかそうとすれば、するほど。




最後には、名シェフのネタばらしをしてしまうんですけども

それでも分かり合える。

それは、

本当に料理を愛しているからという気持ちが、あるからこそ。

亡きグストーの「勇気をもって、果敢に立ち向かうこと」

が本当に形になって物語は終わった感じでした。




なんか、色々と上手くいかないなぁと

私も悩んでいた時に観た映画だったので、

観終わって、じっくり頑張らなきゃなって、

お腹の深い奥の方に、すとんって

何かしっかりしたものが降りてきた感じがしました。

皆さんも是非観にいってみてくださいね(^^)

ココロが温かくなる、いい映画だと思います。

ラタトューユです☆

これは観たらわかりますよー☆

公式サイトは、こちら☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホリデイ。

少し久々のウイークエンド映画ディ。

今回は「ホリデイ」を観てまいりました。




私個人的には、恋愛モノの映画ってあんまり

観ること少ないんですけども、

今回はキャメロン・ディアスが出ているということで

観てみたんです(^^;

彼女の顔が個人的に好きなんで(笑)。




ネタバレになりますんで、あまり内容は書きませんが

結構アイリス(ケイト・ウィンスレット)の恋は最後まで

どろどろな感じで終幕に近づいた時

ぱっ。

と明るく変わる感じでした。

おしとやかなイメージが、いい意味ですけども

この役で結構なくなったかも(笑)。

タイタニックのイメージが強かったもんで(^^:

女優さんですからね、素晴らしいと思います。





アマンダ(キャメロン・ディアス)の方は

困難もあったりですけども、

なんとなくアイリスよりは、ゆるゆると進んでいく感じで、

グラハム(ジュード・ロウ)とも話し合って

最終的には、お互いが信頼し合える恋人となったように思えます。





お気に入りのシーンは

「子供部屋の天蓋的なテント」

めちゃくちゃ、可愛いんですよぅ☆

中にはいーっぱい、枕があって寝転べて・・・・。

私もあんな部屋にしたい(^^;





後は、アイリスと一緒にいたアーサーという

おそらくアカデミー賞の脚本賞を過去に取ったと思われる

有名な脚本家のおじいちゃんと一緒に過ごしだして

精神セラピーに通っていたアイリスのココロを

解きほぐしていくところ。




「君は主演女優なのに、友達役を演じている。」

そうなんですよね。

どんなに辛くったって、自分の人生の主役は、自分。

それに気付いて前向きに生きれる強さを

脚本家という人生経験から諭す言葉が、本当に素敵でした。





そして、世間から見放されたと思い込んでいたアーサーが

思い切ってアーサーの功績を称える祝賀会に参加して、

みんなから祝福されるところ。

アーサーはアイリスと出会ったとき、

手押しのカートのようなものがないと歩けないおじいさんで

アイリスの歩行特訓のおかげで、前向きに歩き出し

自らの足で、壇上に上がり歓びをかみ締めているところが

凄く、恋愛以外でグッときましたね。。。。




この映画は、結構身近な感覚で

恋に関してはかなりリアルな表現だし

人間として生きてゆくことに関して

素直に生きればいいんだなって思った作品でした。

因みに公式サイトはこちら

http://www.holiday-movie.jp/top.html



遅くなりましたが、デンパンさんで

ひとつ詩をUPしました☆

実果の日々是好日。から飛べますので

是非、ご覧下さいね(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

幸せのちから。

観て来ました、ついにこの作品。

ウィル・スミス主演、親子共演の話題作。

「幸せのちから」です。




人はここまで、強くなれるのだなと

本当に思わされた作品でした。

「I trust you」

ただその言葉を繰り返して、疑うことを止まない息子。

働く術も、経済力もない弱者だからこそ、

親にすがらないと生きていけないのは前提だけれど。

いなくなった母親のことにあまり触れず、

父親と幸せになる事を信じ続ける。




家を追われ、安モーテルを追われ、

教会で眠れない日は、駅のトイレで過ごすという

本当に過酷な生活を、

ユーモアと幸せになるという信念を忘れずに

かけ抜けてゆく。




ウィル・スミスの名演技。凄かったです。

駅のトイレで、息子を膝に抱きながら

巡回がきて、鍵のかかったトイレを執拗にあけられそうになるのを

必死で息子を起こさまいと堪えるシーンで

涙がぼろっと、こぼれるんです。




役作りも凄いなと思いました。

こんなに疲れて、やつれ気味で、少し老け気味な

ウィル・スミスは見たことなかった。

実話だからこそ、こんなに臨場感があるのか。




何かを愛して、大切に思えるからこそ

湧き起こる、幸せへの原動力が人を突き動かすんだなって

観終わって、ぼうっと思いました。




最後に共感した部分は親子でバスケットのリングに

向かいながら語るシーンのこと。

言葉は少し違うかもしれませんが


「何かを出来ないって誰にも言わせるな。

幸せは自分で取りに行くものだ。」



この言葉、凄くココロに響いて止みません。

ホントに素晴らしい映画でした☆

公式サイトは、こちらから。

http://www.sonypictures.jp/movies/thepursuitofhappyness/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

それでもボクはやってない。

映画今週も観てきました☆

ウィークエンド映画、万歳!



今回は周防監督の「それでもボクはやってない」。

一番裁判で無実を勝ち取るに難しい、痴漢での裁判のお話。




被疑者は人生のすべてが、その判決で決まってしまう。

被害者と検事は、被疑者に有罪を求める。

弁護士は必死に無罪への証拠立証をする。

裁判官は、「公平の名」のもとに裁きを下す。




でもすべての証拠を揃えても

やはり裁くのは、人間だ。

裁判官の人間性を否定するとかではないけれど、

何百件と同時にひとりの人間が抱える裁判に

その時々の人の心の状態ひとつで

無罪であろう裁判も、有罪に転んでしまう可能性はある。




「裁判ではとりあえず、有罪か無罪かを決める」

ということ。

「被疑者・被害者以外は、仕事である」

ということ。

勿論、仕事だから心情を無視している訳ではないと

私は信じていますが。

時にそうでもないかもしれないという、真実もありうるかもしれない。

現実には、想像しているものとはかけ離れていることも多い。

お役所仕事・国家権力に、立ち向かう事の意味。

そして。

真実は被疑者である当事者にしか、わからないということ。





凄い世の中の矛盾とか、法律というものの側面だとか

私達を守るものが、時に仇となったり。

観終わってやりきれない気持ちになりました。。。。。。

そこから生まれてきた気持ちが、

この映画の感想だと思います。


私はこの映画観て、よかったと思います。

映画にも出てきますが、もたいまさこさんの

「裁判は悪い人が裁かれる場所だと思っていた」という言葉。

私も実際、その考えが殆どでした。

そうではないと理解していても、感覚的には

分かっていない自分を実感しました。

裁判官が言っていた、判決をだすことで一番大切なのは

「無実の人を、有罪にしてはならない。」

本当に、裁判がすべて公平で行われていることを切に願うばかりです。





自分の主張を通すには、裁判だけではないけれど

何事も

強く、強く貫き通すこと。

お金だけで済ませられてしまうことも多い、最近のご時勢。

ココロの強さを、鈍く。でも刻み付けられた作品でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

マリー・アントワネット。

今年一本目の映画でござい。

ソフィア・コッポラ監督の「マリー・アントワネット」。

キルスティン・ダンスト主演なんですけど、同い年とは思えないくらい

可愛い゚+。(o・ω-人)・.。*☆

ヴァージン・スーサイズで彼女を初めてみたんですけど、

相変わらず美少女から、綺麗な女性になってました。

「エターナル・サンシャイン」と「モナリザ・スマイル」は観ていたので。




コッポラ監督の作品は

「ロストイン・トランストレーション」、「ヴァージン・スーサイズ」を

今まで観たんですが、いつ観ても映像的にも、流れ的にも

ココロに訴えかけてくる不思議な感覚の映画ばかり。

今回はオンナノコの大好きな部分と、

女性としてのココロの寂しさ、葛藤、の部分を垣間見る感じでした。

私は世界史はそんなに得意ではなく、

マリー・アントワネット=「パンがなければお菓子を食べればいいのに」

という有名な言葉のみの認識。

でも実際は凄い窮屈な、王妃でも外国人という

幼いながらも国を背負ってゆく重圧に耐える人生。

他人からみれば、裕福で好き勝手している王妃という

イメージが消えました。

これは、ホントに観てよかったって思います。





あと、ファッション面ではココロくすぐられるドレスばかり(≧∇≦)キャー!!!!

コルセットとか結構大変だろうとは思いますけども、

花柄とか、子供と暮らしだしてからのナチュラルなドレスは

ホントに着てみたいものばかりでした☆

色とりどりのお菓子も、キラキラしてて観てて飽きなかった。

それがあるからこそ、ココロの空白が更に浮き彫りに

感じられたってゆーのもありますが。

一度、観てみてはいかがでしょうか☆

公式サイトはこちら(^-^)

http://www.ma-movie.jp/#

Mary

















ふふふ。日本人が着ると

こんな感じになってしまうんですね(笑)。

これもご愛嬌でお願いいたします(^-^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

チャーリー。

今日はあの「チャーリー・チャップリン」の一生を描いた映画です。



子供のころから、まさに役者なチャーリー。

想いを馳せた女性との恋は永遠に実らず

それでもがむしゃらに頑張り、やがて若くして成功を収める。

トーキー全盛になっていっても無声映画にこだわり続け。

段々と政治風刺の作品を作るようになり

果てには米国から追放。



なんて物語っぽい、現実なんだろうって思いました。

ロバート・ダウニー・Jr が演じるチャーリーですが

最後の方にチャップリン本人の画像が流れる節を見てみたら

本当にそっくり!!感心してしまうくらい、チャップリンになりきっている。

凄い役者魂見せ付けられた感じ。

有名な方ですから、NHKとかで昔の映像は何回か見たことあるけど

こんなに短い時間にはきっと圧縮できない人生なんやろうって

濃い内容やなって思いながら見ていました。

人の記憶に残るような人間に、私もなりたいな。



さて。映画ネタは今週も少し出来そうなんで、また☆



うちの同居人なんですけど、結構寝言で

「ぐふっ」とか「闇鍋に龍角○は危険・・・・」とか

なんだか結構変な事喋ってる(^-^:)。

これが「萌え」、なんでしょうか・・・・わからん・・・・・Σ( ̄□ ̄;)



風邪と格闘は続いておりますが、佳境に差し掛かってるのかーーー??

喉の痛み鼻水せき。

なんて一連な風邪の流れーーー。

((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル

と続いております。部屋とフリースと私~(^ω^;)(;^ω^)♪

薬とマスクとうがいと加湿器で応戦中(`ε´)。

特に私の住んでる関西は、今流行りの

ノロちゃんも危険なんで、ホント気をつけなきゃな。

幸いなことに熱は出ていないので

歌を少しではあるけれど練習出来るから良いです(^-^:)。

でも早く治さなきゃ!!

健康第一でござい!!らいらい!!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

Walk The Line。

映画ネタ、第三弾。

以前から気になっていたのです。

フレッシュネスによく出没する私(^ω^;)(;^ω^)

とある店舗の壁に、「Walk The Line」のポスターが

張られていて(多分日本版ポスターではなく、普通に海外で使用されていたヤツ)

どんな話なんやろう??と思って前々から少し気になっていたのです。

んで近くのレンタルやさんにあったので、速攻借りてきました。



内容としては、主人公ジョニーが小さいときに受けた心の傷を引きずりながら

音楽で成功しても、満たされない気持ちを抱え

その果てクスリに溺れ堕落してゆき

ジューンの力でまたミュージシャンとして復活してゆく物語でした。

ちなみにこれは実話のようです。

40回プロポーズして、失敗。(すごいな、こんだけ頑張れるんが!)

今度こそ違う答えをと、ステージ上で告白し結婚を約束するのですが

結果奥様のジューンが2003年に没し

その数ヵ月後、後追うようにジョニーも亡くなっているとクレジットに。

子供の時のトラウマや、親との確執、淡い恋心。などなど・・・・。

いかに心が純粋で、スポンジのように吸収してゆく幼き時代の経験が

今後の人の人生を大きく左右するか。

子供の話題で、あまりいい事を聞かない昨今

子供をどう大切にしていくか、物凄いリアルにリンクして

ちょっと考えさせられるように思った。



ミュージシャンのお話なんで、ライブ映像は多かった。

かなり昔のアメリカンな雰囲気を彷彿(あくまで私の中のやけど)

させてくれて楽しめました゚+。(o・ω-人)・.。* ♪

ただ、和訳されてる詞というのは日本語のニュアンスが

海外の人には分かりづらいように

すんごい単純な詞になってしまう(ってゆーかあえてそういう詞なんかもやけど・・・)ので

刑務所のあーだこーだとか、惚れたはれただのと

結構刺激的(^-^;)。

物語の題にもなっている「Walk The Line」も勿論あります。

これが一番恋愛のストレートな歌で、よかったです☆


人はこれほど人の成す行動で、これほどまでに人が落ちぶれて行き

これほどまでに成功し、幸せになってゆける。

本当に紙一重。

でも人が人を思う気持ち、あってこそだと思います。



そこに、誰かを思う気持ちがある。

単純だけど、ただそれだけ。

気づいていかなければ、意味がない。


その気持ちを大切にしてゆくことで

一人でも幸せになれるように、私も頑張らなきゃな。

ちなみに公式サイトまだありましたんで、どうぞ。

http://www.foxjapan.com/movies/walktheline/index2.html



ここんとこ、すんごいまぢめにコメントしていて

やるぢゃん、あたし(笑)!!゚+。(o・ω-人)・.。*

今日も頑張って声の開発でーい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーヴァン。

映画ネタ、第二弾。

今日は「モーヴァン」とい映画です。

始まりから、彼氏が自殺していて

彼の遺言にあった小説を、出版社に自分作と書き換え届けてから

友達とスペインへ高飛び。

途中からクスリ漬けの友達をおいて、

一人で出版社の人間と契約し帰国。

「私は自由でいたいの」と

再び旅にでるところで終わり。



なんか強いオンナな部分が沢山垣間見えた感じの映画。

で、台詞は凄い少ないんです。

どっちかというと、視覚と聴覚に訴えかける映画。

「パンチ・ドランク・ラブ」に私的には似た感覚の映画。

彼がモーヴァンのためにクリスマスプレゼントを残しているんだけど

ライターとカセットテーププレイヤー

(今で言うウォークマン。でもこれってソニーの商標登録してる言葉って知ってた?)

と「MUSIC FOR  YOU」というテープ。

モーヴァンは殆どこれを聞きっぱなしだったので

主にその音楽がひたすら流れていたり、

周りの音がひたすら聞こえていたり

誰がしゃべっているのかわからない声が沢山聞こえたり。

映像もフラッシュしてたり。

不思議な感覚に飲み込まれた時間でした。



今日はおでかけもしたけれど、雨降りだった一日。

明日は晴れますように☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧