美術館へ行こう。

15日まで、サントリーミュージアムで開催されていた

「美術館へ行こう。」

という展覧会に行ってきました☆

ディック・ブルーナさんでお馴染みの

ミッフィーちゃんとかですpen





じっくり見て周ると、二時間くらいかかったんですけど。

「モダン・アート」を楽しむ、をコンセプトに☆





皆さん、ご存知でしょうか?

「ブルーナ・カラー」というのがあるんですって。

そんな言葉を聞くと

「特別な色を作って、着色してるの??」って思っちゃいますが(^^:

なんのことない。

ブルーナ・カラーというのは6色しかないんです。

正確には、6色しか、使わないart





ブルーナさんの絵は、

赤・青・黄・緑・オレンジ・茶

しか、使用されてないんですよねcatface




多分、合ってたと思うんですが(^^;

思い起こしてみてください。

子供が馴染みやすい色、目に優しい色しか

きっと使われていないはずshine



Photo_7















そして。

あの一見、簡単そうに見えるイラスト。

物凄い時間をかけて

ブルーナさんが直線や曲線。

果ては、キャラクターの目の位置までも

しっくり来るまで、下絵を繰り返し描き続け

いいのが出来るまで、こだわるpunch

という、徹底ぶりgood






そして、直接絵に色付けをしていると思ってたんですが

カラーシートをウラから貼り付けてるんですってhairsalon

だから、あんなにムラの無い色になってるって

納得flair





大人になってから、大人目線でみると

結構冷めてみてしまうけれど

ミッフィーちゃんとかって

子供から大人まで、幅広く愛されるキャラクターですよねheart02

81歳の今でも、現役で描き続ける職人魂に

凄く惹き付けられましたshine






大人になれば、なるほど。

子供目線が分かりにくくなるけれど

子供の頃の純粋な気持ちとか

飾らない、まじりっけ無い、まっさらな気持ち。

それを常に、さびさせること無く

むしろ大人になってから得られる感性も織り交ぜて

育ててゆきながらも、持ち続けていられて

必要な時に、引き出しから出してこれる。





気持ちのコントロール。

それが出来るってことなんだなclover




ワタシも、そんな人間でいられるようにいようって。

そう思いながら、帰り道を歩きました。



Photo_6

























おみやげ☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

先人に学ぶ。

楽しみにしていた、手塚治虫記念館に行ってまいりました(^-^)

1_18

















少し分かりづらいですが

真ん中の煙突みたいなのが付いてる建物。

宝塚にあるんですけど、宝塚劇場も初めてみたりと楽しみながら

ここまで15分くらいてくてく歩きました。。。。

2_6
















入り口では火の鳥の大きな

像がお出迎えしてくれます☆

結構でかいんですよー。

それでね、傍には

6_2


















ブラックジャック先生のこんなのや

7_5





















リボンの騎士のサファイアだったかな?

色んなキャラのお顔が一緒にお出迎えしてくれる☆






中に入ると、手塚先生の漫画家人生の年表と解説と共に

思い出の品がカプセルの中に沢山納められてるんです。

中学の時には、既にかなりリアルな魚の絵を描いてたり。。。

本も速読で、20分程で大人が読む小説等分厚い本も

きちんと理解して、読み終えるくらいだったそう!!すげえぇぇえ(^^)






小さなシアターもあり、そこでも漫画家人生のあれこれや

苦悩等も語られていました。3_5


















ちなみに地上二階、地下一階

なんでエレベーターも付いてるんですが

各階の扉の絵が、みんなキャラなんでふよね☆

これも分かりづらいですが、ブラックジャックやサファイアが

上のほうに見えませんか??

(因みに微妙に見えるのは、私でふふふ・笑)






最近では、手塚作品で「どろろ」が有名になってたんですけど

三月からは、宝塚といえば「ベルばら」もおなじみですよね☆

手塚さんの実家のお隣にも、当時のスターであった

天津乙女さんという宝塚の方がいたりと

親交が深かったようで、この展示にも繋がってるんでしょう☆

二階では「リボンの騎士」と「ベルばら」合同展がやってました。

これもまた、素敵でしたよ☆

なんせ、複製かは分かりませんが、原画もあるし

すんごいリアルな展示です☆

ベルばらでは、実際の宝塚公演の写真がありました。

知ってるあたりでは、涼風真世さんとか、天海祐希さん、

一路真輝さんあたりですかねー。

化粧もさながら、オトコマエでした(^-^:



4_4



















二階エレベーター

付近ではレオくんたちがお出迎えしてくれたり。

5_4

















昔手塚さんが描いた漫画本が

壁一面にこんな感じで

ずらずらっと展示されてます。。。

私が知ってるのほ、ホントにごく一部だと痛感(^-^:




地下では、漫画を実際に作れたり出来るみたい☆

時間的に少し遅かったんで、今回は体験出来ませんでしたが。。。





なんか、貪欲に何でも勉強することも

ココにきて凄く大切なんだなって思いました。

なんせ、医師の資格も持ってる漫画家さんって中々

いないですもんね(^^;

私も、色々気になることは人生の糧と思い

知識を増やしていかなきゃ☆



8_1
















ちなみに入り口には、キャラの

手・足型があります。

因みにこれは、アトム。ウランちゃんは手が少し小さくて

足は内股やった(笑)。

9_2
















これは、ピノコのでふ。

一番下のは、

多分しりもちついてるんやろうな(^-^:




大人でも十分楽しめるんで、是非一度行ってみて下さいね☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)