« 意味のある空白。 | トップページ | 役割。 »

感度。

一緒の時間を過ごすと、いつもハッとする言葉をかけてくれる。

ワタシが18の時に初めて彼女に写真を撮って貰ってから、

そのタイミングは少しも変わらないのです。





ライトダウンされてゆくMusicBarには、

ぼんやりしてゆく視界に反して

「感覚をもっと研ぎ澄ませて、もっと感情を深く探ってごらんよ」

って、試されてるような魔法がある気がした。




例えば、そろそろと降りて来る暗幕の中でもテーブルのキャンドルは灯り続けて、

そのこぼれる光のあたりくらいの世界は「暗闇を許さないと約束してくれる」

そんなゆるがない安心感みたいな。





針仕事で細い穴に糸を通すように、ピンポイントでダイレクトに。





フラットになりすぎて、起伏を感じにくくなりかけていたワタシのきもち。

もっと、自分自身のこころの感度を、あげたいと思った。




自己中心的ではなく。

周りにも今まで以上の感謝を感じられるように。




まずは、しあわせって、こころからかんじられる、じぶんになるために。
429403_305690132868724_576372107_n

|

« 意味のある空白。 | トップページ | 役割。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156132/48350628

この記事へのトラックバック一覧です: 感度。:

« 意味のある空白。 | トップページ | 役割。 »