« 迷っています。 | トップページ | 意味のある空白。 »

真菜美さん。

先日石巻を訪れた理由は

「おらほの復興市」

にいくためでした。


また改めて書こうとおもいますが

とても印象的というか

泣けてきて仕方なかった瞬間があったので

どうしてもここに残しておきたいので書くことにします。



おらほの復興市実行委員の中村真菜美さん。

彼女には何度かツイッターでお話したことがありました。

彼女は被災地のボランティアのリーダーの方で

石巻に入る前は南米のコスタリカにいたとか。

「復興市当日は是非来て下さいね」

というメッセージをリプライいただき

元々行くつもりが、絶対行くって気持ちになった。



東京から仙台へ。

仙台から石巻へ。

苦労してたどり着いた復興市は、残り一時間ほど。

フィナーレを迎えた復興市は、とても温かかった。


真菜美さんにどうしても会いたかったから

みんなが帰ってゆくなか、探してみたら偶然に歩いていて。

「中村さんですか?」

という問いに、立ち止まって黙って見つめられた。

会うアポもないし、ワタシの顔も勿論知らない。

得体の知れない人間への素直な反応だった。


覚えているかなんて分からないけど

ワタシのツイッターでプロフィール画像にしている

すっとぼけたイラストを携帯で見せると


「あ!!!!!」


の声と共に、突然のハグ。




そして、


「よくきたねー!」

と力強く抱きしめて、

ワタシの背中をぽんぽんとたたいた。



自分のプライベートゾーンに人を引き込むには

とても勇気が要ることなのに

彼女はすんなりやってのけたのだ。


ワタシよりも小さな身体なのに

抱きしめる力は強くて、安心できて

気持ちが高ぶって思わず泣けてきた。


なんか沢山の人に使えそうなものをと思って

慌てて早朝から風邪予防のアロマフレッシュナーを作って、

迷惑かもしれないのに、どうしても彼女に手渡したかった。



少し話をし、渡すことも出来たのだけど

すぐに仕事に戻らないといけない真菜美さんから

「ちょっとこっちきて。」

と手招きされ、彼女は自分の荷物の中を探って

「これあげる。真菜美に会えた記念。」

と、おらほののFacebookにも載せていた

彼女がつくった蜜蝋のキャンドルと雄勝石を

たった数分前に知った人間にくれました。




彼女にしたら、なんでもないことなのかもしれません。




でも、ワタシにしたら、

すごく重いものを受け取った気がした。



そのあとすぐに

「またね。」

と言って仕事にもどった彼女。




こんなに短い言葉で

人を引きつける事が出来るひと。

すごいと思った。




彼女と繋がっていたい気がしました。

また、ちゃんと会いに行こうと思います。

121111_230031

|

« 迷っています。 | トップページ | 意味のある空白。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156132/47846611

この記事へのトラックバック一覧です: 真菜美さん。:

« 迷っています。 | トップページ | 意味のある空白。 »