« 旅まとめ。 | トップページ | 旅まとめ3。 »

旅まとめ2。

R00100171

羽田でござい。

R00100161

台風が接近して強風だけど、飛ぶそうなので

飛んでみたその先は

R00100201

どんぱち雨風。

それもそのはず。

日本に接近するであろう台風に向かって飛んだのですから。

66164_282522758518795_1242528879_n

その場所は台湾。

石垣島のすぐ側です(笑)。

ANA機の横にはEVA航空のキティちゃん機が。

おなじみですね。ふむ。


過去ワタシの南国への旅。

奄美→沖縄(本島)→石垣→台湾。


今回は国境越え!

すこーしずつ南下傾向にあるワタシです。

海のある場所が好きなのです。

泳ぎは全くメインじゃないんだけども。

海風と潮の匂いと、波のゆれる音。

きっとそれが心地いいのだと思っています。



この日は到着して、友達と夜合流することが目的だったので

特に予定もなくフラフラしていたんだけど

まぁ、英語が聴こえないこと。

英語を話したのは、入国審査の時のみ。

親日って楽ね。

日本の出国審査よりあっさり通過できた(笑)。




301000_282521231852281_1523817069_n
それはよしとして、高速中国語が飛び交う土地で

MRTという地下鉄に乗りまわり

(切符はトークンというオモチャのプラスチックみたいなコイン)、

友達の家の最寄り駅までの新幹線の切符を買うのに

自販機で一度失敗し(笑)、もう一度別の列に並んでチャレンジ。


本当は中山という地区でマッサージや

市政府で台北101や台湾の歴史博物館やら行く気満々だったのに

まさかの不慣れっぷりに、予定は全て未定に。

コインロッカーすら、読めない漢字で使い方がわからず

(後にわかるのですが)

小さいキャリーを暴風雨の中を引きずり歩いていたので

台北101には時間の関係でたどり着けなかったり。



なので、初日はテンパりも何も

ゆっくり写真が撮れず。。。。



台湾は、親日の言葉通り

日本と大体のシステムが同じ。

コンビニはセブンイレブンがとても多く

120930_131332

ステーションちゃんだったかな。

こんなキャラがいるらしいです。

120928_201552

わかりやすいミルクティー(笑)

普通のを飲んでないから、どれくらい濃厚かはわからず。。。

これで28元(1元=約2.6円)。

MRTも大体25元あれば殆どどこでも行けます。

なのに、どこのコンビニにもある

スリムな明治の12個入りのチョコが50元。


詐欺やろって、ちょっと思った(笑)。


輸入菓子は高いってことだね。

120928_223719

なんとか友達の地元駅まで到着。

新幹線は日本の700系かな、そのまま使っているので

全然違和感無いのですな。


台湾の人は、とにかくお年寄りに席を譲ったり

困っている人は助けるという姿勢に、とても好感が持てます。

新幹線で横に座った青年が、お年寄りに席をすっと譲って

その場を颯爽と立ち去ったんですね。

かっこいいぜ青年。


でも、台湾って電車の中で通話OKなんだよね(笑)。

みんな喋ってるから、日本じゃないんだとここで思ったり。

MRTは飲食禁止なんだけど、電話してる人はいっぱい。

台鐵(日本の在来線)では、平気でみんな食べてるので

そこかしこから、美味しそうな匂いが(笑)。

そしてスマホ普及率も高い!



あ、脱線。

親切な台湾の人の話の続き。

実は、市政府駅の阪急百貨店で携帯を置き忘れてしまい(泣きそうになった。。。。)

相当焦って探しまわっていたところ、

見つけてくれた人も、きっと戻ってくるだろうと

その近辺で待っていてくれてました。

あと切符の買い方が分からなかったら、

自分のコトそっちのけで、買えるまで全部面倒みてくれて

改札通るところまで笑顔で見送ってくれたり。


何回、「謝謝」言いまくったことか(笑)

120928_223546

新竹という街。

ここは台湾のシリコンバレーと言われる新興都市。

お金持ちがいっぱいいるらしい。


友達の彼が

「友達が来るんなら迎えにいくよ」

と駅まで車を出してくれ、帰りついでに友達の家のそばにある夜食のお店へ。

こっちの人は女性をすごく大切にしてくれるらしく

「彼女の友達も俺には大切なんだ(変な意味でなく)!」

くらい、大切な人の大切な存在は、自分にとっても大事なんだという考え方だそう。

見習わなきゃいかんね(笑)。


さて夜食のお店に。

120928_232547

お野菜とか、キノコとか、麺とかすきなものを

おばさんがもっているザルに盛って

それをその場で醤油味の出汁の中で茹でてくれるの。

即席煮物、みたいな。

で、それをビニール袋に汁ごと入れてくれる。

もちろん、麺は麺で別に(笑)。

台湾は外食文化なので、深夜までこんなお店が沢山あります。

家族経営なので、幼稚園くらいのオンナノコも24時前だというのに

平気でお店のお手伝いしてた。これが当たり前みたい。


それを持ち帰って、日本のテレビ番組が延々やり続けるのをBGMに

台湾で初のご飯となった(!)のです。

お互い老けたくらいで(笑)時間のブランクなんて感じなかった。

3年ぶりの再会の夜はふけて行きました。


つづく。

|

« 旅まとめ。 | トップページ | 旅まとめ3。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156132/47453573

この記事へのトラックバック一覧です: 旅まとめ2。:

« 旅まとめ。 | トップページ | 旅まとめ3。 »