« Set me free. | トップページ | 問うて、その先に。 »

ひらかれてゆく。

Sbsh001200

うみのかけらのおと。

貝殻どうしがゆれて、こすれるおとが

とてもうつくしく、やすらぐ。



うみのない土地に生まれたワタシには

うみがとても貴重で、素晴らしいもので

うみがだいすきだ。



すごく悩んだのだけど、

モノとの出会いもタイミングだと思い

先日お迎えすることに。

しゃららんと、綺麗なおとを鳴らしてくれるよ。


Sbsh0080

戸越銀座商店街の有名な唐揚げ。

うちの母の味にちかい、ちらし寿司。

サルサ&チップス。


3月3日にお誕生日だったお友達のお祝い。

ゆえに、ちらし寿司。

Sbsh0088

KIHACHIの季節限定、苺とみかんのロールケーキ。

剥いたままのみかんが、ごろっと入って

果物、そのままって感じで、

スポンジもふわふわ、甘さも控えめ。




みんなが美味しいといいながら、

女子会ばりに一本のケーキをつつき合ったので

買ってきたワタシは、なんだか、うふふな気分だった。




だれかとたべるご飯は、とてもとてもおいしい。

ほんとうに、おいしかったぁ。

Sbsh0082

いつの間にか膝の上にすべりこみ

しれっとうたた寝している、このチワワちゃん。

彼、人間の年齢で言えば40代のおいちゃんです(笑)

さながら、ホステスさんですな、ワタシ。



ひとに出会うたびに、人生は拓かれていく気がします。



なくしたものがあれば、

その空いた部分を埋めるものが出てくる。




埋めてくれるだろう「それ」は

なくして感じた痛みを

和らげてくれるのだろうか

とか

悲観的視点の思いは、持ちたくない。




ああ、そもそも。

なくした、も悲観的っぽいかな。



今の自分には、もう必要なくてよくなったもの、だ。




もとい。

「それ」は、

一時しのぎのものではなく

悲しい様相をしたものでもなく

ぴかぴかと、新しいあたたかみを感じられるもの。



ちょっと時間がかかるけど

頑張ってみようとおもいます。

Image006

|

« Set me free. | トップページ | 問うて、その先に。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156132/44369728

この記事へのトラックバック一覧です: ひらかれてゆく。:

« Set me free. | トップページ | 問うて、その先に。 »