« あなたがここにいてほしい。 | トップページ | 代弁。 »

一週間。

昨日の仕事の帰り。

電車待ちのホームで、確かに、大きく、ゆれた。



「あれから」一週間が過ぎて

ブラウン管に増えてゆく痛ましい数字。




こんなに言葉というものが

複雑だと感じたことはないかもしれない。




あまりにも無力な自分を痛感した一週間。

でも、無力なりにできることを考えた一週間。


ひととの繋がりの大切さを改めて感じた一週間。

ひとと繋がっていたい自分を感じた一週間。






本当によくしてくれた先輩が福島にいます。



連絡はとれていません。



でもボールは投げたから

信じて待っています。


それが無力なワタシにできる、せいいっぱいのこと。




募金とか、必要な情報とか。

目の前にあるお仕事とか。


それも無力なワタシにできる、せいいっぱいのこと。


そして、信じて待つこと。


これも無力なワタシにできる、せいいっぱいのこと。






いまだに、体が揺れているみたい。

地震酔いっていうものなんでしょうか。

それが続いている一週間。




すうっと力が抜けそうになった。


ホームから落ちまいと、しっかり足を踏ん張った。



被災地では、生きるためにみんな頑張っているから。

ワタシも目の前にあることを頑張る。



頑張れることがあるってことは、いいことだ。



当たり前のように夜が明けてゆく。

「当たり前」って何?

そんなことを感じた一週間。




願うのは、より多くの笑顔。



こんなワタシの、

今できる、せいいっぱいのこと。

|

« あなたがここにいてほしい。 | トップページ | 代弁。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156132/39293471

この記事へのトラックバック一覧です: 一週間。:

« あなたがここにいてほしい。 | トップページ | 代弁。 »