« 香り部、部活動中。 | トップページ | ねむれない。 »

気がついて、取り戻して。

この週末は、結構色々していたような気がします。

夜な夜な、お遊びで歌も沢山歌いました。

そして、そのノリでそのまま友達とドライヴ。





普段寝ている時間に、色々感じたり

普段起きている時間に、少し眠ってみたり。

Photo












朝六時すぎの心斎橋。

普段見る風景とは、違った顔を覗かせていた。

車も少なく。

通り過ぎるヒトは、

どこかで夜を明かし家路につくヒトと

朝早く出勤するヒトとが、交差する。

少しの罪悪感とともに、

少しの爽快感。




春先を感じる空気の中、

まだ残る冬の名残が

まだ眠るなと、薄着の肌をちくっと刺す。

でもそれも、あと少し。




気付いたことは、

思っていたよりも、喉の筋力が弱っていたこと。

体の使い方が、思っていたよりも解らなくなって

キモチ以上に、搾り出すように声を吐き出した。

ワタシの喉は、こんなに弱かったっけ?

と思うくらい、急に声が出なくなってしまっていた。

まぁ、蔓延したタバコの煙が一番の原因であることは

否めないけれどね。




歌っていないとダメだなって。

はっきり思っちゃった。




自分の声は。

普段しゃべる声と全然違う。

ホントにハスキー過ぎて、大嫌いだった。

可愛い歌も歌いたい。

裏声を使えば、そんなのいくらでもできる。


でもね。

全然伝わらないんだよ。

コトバに芯のない、うすっぺらい歌にしかならない。




それを思うと。

ワタシが好んで聴く歌は、男性が多い。

自然と惹かれて行くのかなぁ・・・・・。

なんて、思ったりもするけれど。




今は、コトバを紡ぐことを選んだ。

だから、後悔なんて全然していないよ。




ただ。

「歌が聴きたい」とか

「原曲よりも、実果ちゃんの声の方がすき」とか

コトバの重みは分からないけれど

そう言ってくれるヒトが、

ワタシの周りにいてくれるうちは

あまりすきでもないカラオケだろうが、なんだろうが

声を発していかなきゃって

義務でもないけれど、そう思えたの。





こんな声でも

「いい声やなぁ」

って、言ってくれるヒトが

いてくれる限り。



ワタシが、オトノシズクをすきで居続ける限り。

|

« 香り部、部活動中。 | トップページ | ねむれない。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156132/28747044

この記事へのトラックバック一覧です: 気がついて、取り戻して。:

« 香り部、部活動中。 | トップページ | ねむれない。 »