« 香り部。 | トップページ | つたえびと 第2章。 »

トビラ。

いつものように。

いつものごとく。

いつものカフェで、まったり。






ああ。

この書き出し。

かなり久しぶり(涙)。







なんだかこの半年。

せかせかしてて、前は通過しても入れず。。。。

このカフェにもご無沙汰で。

やっとこさ、これたhappy02






今日は高飛び計画の大詰め作業の為

同行する相棒さまと、夜お茶にきたのですcafe






そんで。

お誕生日ということで。

ケーキセットをご馳走になりましたbirthday

と、わかったのはお店を出るときなんですが

ワタシが席を離れてる間にお会計をしてくれてて

財布持ってるワタシをよそに、普通に出て行くから

「え?カフェで食い逃げ(笑)??」

とか普通にビビりましたけど(^^:

相棒さま、サンクス☆


Photo_3














栗のロールケーキと

林檎のタルトと

ふわふわヨーグルト風味アーモンド乗せ的なもの(笑)

に。

キャラメルティーを、ごいっしょにheart04





ここは大概お昼下がりにきて

お茶することが多かったので

夕暮れ時の時間は

少しだけ物悲しく、

でも、夜の帳が下りてくるのを

温かい紅茶を頂きながら

ぽつりぽつりと、点く明かりの数を数えるのも

また、たのしcatface





こんな不思議な時間は

ふと、考え事をしてしまいます。





ここ最近思うことは。

四半世紀生きてきて、

少しだけ、ワタシという人間が

どんなものなのか

ちょびっとだけ、ほんのちょびっとだけ。

分かってきたような感じがしてますshine





それを相棒さまに話したら

「自分のことなんか、私まだまだ全然、カケラもわからないよー。」

と一喝(^^;




みんな、生きるスピードが違うからかな。

ワタシが生き急いでるって訳ではないけど

たまたま、キッカケを掴めた部分があって

パズルの1ピースが、ひとつ、はまった感じ。





ワタシとしては

「自分とゆっくり向き合う勇気が、

少しずつ持てるようになってきたけれど

それがより、大きく、強くなってきたのかな?」

って思ってます。






勿論。

ずっとぽっかりした部分とか

いっぱい満たされなくて

満たす方に向かって

これからも、がむしゃらに走り続けるんだろうけど。

走り続けるこの先に。

どんなに沢山の人に、出会えるんだろう。

どんな景色に、出会えるんだろう。

そこで、ワタシはどうやって生きてゆくんだろう。






不安と期待とが入り混じるけど

でも

今のワタシなら

ワタシは、笑顔でいてられる。

それだけは、自信をもって言えるかも。






それが、最近の、ワタシ。





いつものカフェを出てから

帰り道お買い物をしたり、寄り道して

もう一件、コーヒーを飲みに行きました。

そこでは、沢山たくさん、笑った。

くだらないこと。

考えさせられること。

時間を忘れて。






すっきりしているのに、まとまりがつかない、この気持ち。

いつまでも続いてほしいとか、欲しくないとか。

でも、迷っているモヤモヤじゃあないんだ。






いずれ、霧は綺麗に晴れてゆく。

視界はクリアーに開けてゆくんだ。







楽しい時間も、辛い時間も

いつかはちゃんと、納まるトコロに納まって

また新しい時間のトビラを開いてゆく。





「はじまりには、いつかおわりが、くる。

でもおわりのさきには、またあたらしい、はじまりがある。」




そんなことの繰り返し。





トビラを開けたら

新しい風が吹いてくることを願って。

今のワタシには、トビラの先にある

愛のあるものを受け止められる自信が、あると思うから。





てのひらの中にある

見えないカギを

そっと鍵穴に入れてみる。





ちいさくだけど、そんな気がした。

夜の風に吹かれて。

|

« 香り部。 | トップページ | つたえびと 第2章。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156132/24455503

この記事へのトラックバック一覧です: トビラ。:

« 香り部。 | トップページ | つたえびと 第2章。 »