« ウィキペディア。 | トップページ | もくもくと。 »

足りないものを、補う淡さ。

Sakura


















仕事帰りの河原で

重くしなだれる、たわわな桜を眺める。




暖かくなり、ココロにも淡く、甘い

桃色が何故だか、どうして

気になるこの季節。





新たな場所に旅立つ時の、せつなさを

気を紛らわせてくれる、

埋めてくれるかのような、

どこか力強くて。

どこか、弱さを感じて。




あなたの、ココロの隙間の

おぼつかないところを

そっと、埋めてあげよう。




そして。



葉桜が咲く頃。

淡い桃色は、あなたに降り注ぐ。




それはね。

あなたのココロの隙間が、

涙のカタチにも似た

気を紛らわせてくれる桃色の存在を

そっと、そっと。

受け入れられたからかも、しれない。





桃色の涙は、

あなたのココロの、中に。

いつか温かい、涙に。

変わる、かもしれない。

|

« ウィキペディア。 | トップページ | もくもくと。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

桜って不思議です。
桜咲く場所に訪れるとつい足を止めて
色々考えてしまう。

日本人だから?
それは良く分からない。

でも何かを考えさせられてしまう。
桜ってやはり日本人の心だよね。。

投稿: ヒロ | 2007年4月 6日 (金) 00時13分

なんか昔から血の中に
そんな意識が息づいてるんかなって
思いますよね。。。
毎日帰り道に見る桜は、
まんまるいボールみたいに
お花が固まってるんです。
日本っぽいお花なのでしょうね。
きっと。

投稿: ヒロさんへ。 | 2007年4月 6日 (金) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156132/5951817

この記事へのトラックバック一覧です: 足りないものを、補う淡さ。:

« ウィキペディア。 | トップページ | もくもくと。 »